【ジ・エンド・オブ・ハリルジャパン2018】ファイナル・ハリル完結編

「ハリル亡きあと」っていうか、死んではいないんですけど、ハリルが解任されて以降、ハリル支持、ハリル賛辞みたいな記事を頻繁に目にするようになった気がします。

まぁ、日本には「死んだ人を悪く言っちゃいけない」みたいな文化もありますし、この期に及んでハリル批判してもしょうがないってのもあるんでね、必然的に「ハリル支持」の意見ばかりが目立つってことなのかも知れませんね。

かくいう私も今さら「ハリル批判」的な記事を書こうという気持ちは、もはやありません。

ただ、最後の最後にね、一連の騒動に対して、妄想を踏まえて、自分なりの総括的な何かを残しておこうと思いましたので、ここに記します。

 

ハリルが去ったとたん、「ハリル絶賛」みたいな意見が雨後の筍のごとくにょきにょきと。これ、マイケル・ジャクソンの時みたいだなと思った。

マイケルが死んだときも、マイケルを絶賛する記事だらけになりましたよね。

マイケルの晩年は、いいニュースなんてほとんど無くて、ゴシップ記事っていうんですかね、金使いが荒いとか、整形で顔ボロボロとか、少年に対する性的虐待で裁判だとか、マイケル・バッシングみたいな記事しか見なかったんですけどねぇ…。

 

人間って怖い。

 

 

しがらみの外側にいる、ダバディさんのコメントが、一番、参考になるのではないか。ハリル評。

こんな記事を発見。

ダバディだけが知る本当の「ハリル」。“鬼才”前日本代表監督との3年間。 - サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー

 

ダバディさんは、どちらかというとゴリゴリのハリル支持派です。

その、ハリル支持派の目から見たハリルがこんな感じですからね。

 

はじめてケンカをした時のエピソード。

「俺はべンゲル監督より下なのか!」
 私がハリルさんに用意していたホテルはサン=ジェルマン地区のプチホテル。

 対して、べンゲル監督は五つ星のパークハイアットに泊まっていた。

 それを知ったハリルさんに「俺はべンゲル監督より下なのか!」と怒鳴られたのだ。

 もちろん私は理性を持って彼を説得した。私の実家はまさにサン=ジェルマン地区にあり、パリっ子として、こちらが好みだからという主観で選んだんだと。

 しかし、彼のプライドはすごい。

 言い合いのなか、私も初めて冷静さを失って激しく反論したが、突如として彼は黙ってしまった。

“今回の件は流すが、私はヴァイッド(ボスニア語では「唯一の」を意味する名前)だ! 俺をリスペクトしろ”、と暗に示すような重たい空気が漂った。

 

用意されたホテルがベンゲルよりも格下だと知ったハリルは大激怒。

ハリル、ダバディ共に、冷静さを失って激しく口論…ですからね。

最後の一文なんかは、マフィアのボスみたいな風格があります。

“私はヴァイッドだ! 俺をリスペクトしろ”

 

なんかもう、この感じからして、ハリルの性格が、昔ながらの日本的組織には向いていないなってのは、なんとなく分かりますよね。

これはハリルが監督として有能か無能か、という話ではなく、向き不向きの問題です。

 

ほれ。その証拠に。

 

仕事に対する彼の厳格さと同時に、周りのスタッフにかける半端ない圧力を何度も垣間見た。

 通訳の樋渡群さんはそれに立派に耐えていたが、右腕のジャッキー(・ボヌベー/前日本代表コーチ)さんは喧嘩を重ねた末に疲れてしまった。

 

ハリルが周りのスタッフに対してハンパない圧力をかけ続けた結果、日本人よりも先にフランス人コーチがダウンwww

 

なんとなく玉虫色の解決を望む日本人にとって、ハリルのやり方はフィットしてなかったんでしょうね。

 

ハリルさんは鬼才。

その情熱はまさに火の鳥だ。

彼が怒りを持って飛んでいくと、ついて行く忠実なフォロワーたちも火傷をする。

あの分厚い眉毛から稲妻が放たれ、雷が落ちる。

温室育ちの日本人選手たちはその前で萎縮し、他の日本人スタッフにも猛獣使いのノウハウはなかったのだろう。

 

ダバディさんも、そういう結論に達していますね。

温室育ちの日本人選手たちは委縮し、日本人スタッフもハリルをコントロールすることはできなかった。

 

まぁ、そういうことなんだと思います。

ハリル支持派のダバディさんでさえ、そう言ってるわけですから。

 

 

何度も言うように、ハリルは日本代表に向いてなかったんですよね。

じゃあ誰に責任があるのかっていったら任命責任っていうんですかね、日本サッカー協会の人選ミスですから、サッカー協会に責任があるわけです。

 

そもそもの監督選びの時点で、失敗してるんですよね。

(アギーレ選びも含めて)

私もしつこく言ってますけど。

なんでしつこく言ってるかっていうと、協会が組織として変わろうとしないからです。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

そういえば、ホントかどうか知らないが、こんな話もあったみたいで。

どこまでホントか知りませんけど、こんな情報をキャッチしました。(うろおぼえです)

日本代表の合宿中にハリルが「言いたいことがあるなら私に言ってくれ!」的なね、腹を割って話そう、みたいなことを選手たちに言ったらしいんですね。

 

そうすると当然、本田あたりは黙ってる訳ないじゃないですか。

ハリルの部屋を訪ねていって、2時間くらい、言いたいこと言ったそうなんです。

多分、言い争いになったと思うんだけど。(通訳が疲労困憊したという情報も)

 

んで、結果どうなったかっていうと、本田は代表から落選という。

 

あとね、岡崎もハリルの部屋を訪ねていって、いろいろ話したそうなんですが、その後、代表から落選、ということで。

 

これ、どこまでホントの話か知らないけど、もし万が一、ホントだとしたら、選手たちが委縮するのも分かるよね。

監督が腹を割って話そうっていうから正直に意見を言ったのに、そしたらクビになるという。

結局、監督からのメッセージはただひとつ。

オレに口ごたえするな。

オレのやり方に文句をいうヤツは干すからな。

ってことになりません?

 

でもねぇ~、これさ、ハリルの方が正しいっちゃ正しいんよね。

サッカーの世界では、監督に文句言うと干されるんすよ。

 

以前、ドイツで長谷部がめちゃめちゃ干されてる時期ありましたよね。

鬼軍曹的な監督の逆鱗に触れて、試合に出してもらえないどころか、練習にも満足に参加させてもらえない状態だったとかなんとか。

 

たしか長谷部がインタビューか何かで

「1日中、森の中をひとりでランニングしてる日々が続いた」

みたいなこと、言ってたかな。

飼い殺し。

長谷部飼い殺し。

 

選手と監督の力関係でいうと、そういうことになるんですけど、日本サッカー協会はねぇ~…それだけじゃないんだよなぁ…。

 

 

ここからは妄想です。例えば、こんなことがあったんじゃないのか?

日本サッカー協会アディダスと契約していますね。

(8年250億円の契約らしいです)

 

事実上アディダスには頭が上がらない、という側面も無くはないわけです。

 

アディダス側はもちろん、ビジネスですから、代表のユニフォームとかね、グッズとか。売りたいわけですよ。

10番を背負った香川のユニフォームとかね。

香川はアディダス履いてるしね。

 

例えば。

 

例えばですよ。

 

アディダスの息のかかった者が、自然な感じでハリル監督に近づいたとしましょう。

(ってか協会内部の人間みんなそうか)

 

「ハリルさん、もうそろそろ、ワールドカップに連れていく23名、なんとなく決まってるんじゃないですか?」

 

「ウィ。大体構想は固まってきてるよ」

 

「例えば…その中に香川とか入ってたりします?」

 

「さぁ、それはどうかな。私は過去の実績や知名度で選手を選ぶことはないよ」

 

「えっ!(それって、遠回しに香川落選を意味してんのかな?)」

 

「私の中では皆、平等にチャンスがある。本田や香川でさえ当確確実ということはない」

 

「!!!(たっ…たっ…大変だ~~!香川落選っぽいぞ!アディダス本部に知らせなくちゃ!)」

 

みたいなことがね、あったんじゃないかと。

ちょっとデフォルメしすぎてますけど、水面下でね、いろいろと腹の探り合いとか、裏工作とかあったのかもしれないなって。

 

アディダス側としては、10番のジャージが売れないとか、シャレにならんと思うんですよね。

「香川?あぁ、もちろん主力として考えてるよ」

くらいのコメントが欲しいと思うんですよね、ハリルの口から。

 

ところが、実際のところ、ハリルが香川をどのくらい信頼しているのか、よく分からんのですよ。

内心では、構想外だなって思ってる可能性も無くはない。

 

アディダス側としては、当然、そこは探ってきますよね。実際どうなんだ?と。

 

しかしね、ハリルの性格から考えて、

「ん?香川、絶対にスタメンで使うよ!」

とか、死んでも言うはずないんですよ。

 

ハリルの中では、知名度とか、過去の実績で、選手を起用するとか、そういうの無いから。そういう日本的な考えかた、1ミリも無いから。

 

でもこれね、フランス語と英語と日本語が入り乱れて、香川を使う使わないの話になった時に、細かいニュアンスが伝わらない可能性も十分すぎるほどあると思うんですよね。

 

 

ハリルが

「香川を絶対に使うとは断言できないよ」

って言ったのを

 

アディダス側が

「香川がメンバーに選ばれない可能性もある」

と捉えたとしたらどうだろうか。

 

ハリルは土壇場で

「香川を落とすかもしれない」

と捉えたとしたら、アディダス側、協会側は、どんなアクションを起こすだろうか。

 

ハリルを取るか。

あるいは

香川を取るか。

っていうか10番のジャージの売り上げを取るか。

 

どんな手を使ってでも、ハリル政権を終わらせる!

そういう決断に達したとしても、不思議ではない…という気がします。

 

まぁ、完全に妄想なんですけど。

 

 

最近はホントね、いろんなスポーツ協会の腐敗というかね、そういうのが目立ってますけど、これって実は日本全体の問題なのかも知れませんね。

jiyumemo.hatenablog.com

 

 

あ、最後に。

ハリルには、ぜひ、自分自身の「監督としての力」を証明してもらいたいと思っています。

日本以外の国を率いて、次のワールドカップで快進撃をしてもらいたいです。皮肉ではなくガチで。

それで

「どうだ!これがワシの実力じゃあ~~!!見たか!日本サッカー協会のアホどもめ!ガッハッハ!!」

って高笑いしてほしいです。

それこそがハッピーエンドのような気がするので。