モンテ・クリスト反省会

広告

第一話冒頭のフラッシュモブ?のくだりを見て、嫌な予感しかしなかった「モンテ・クリスト伯」ですが…第二話で、若干、盛り返した感があります。

とはいえ、厳しい!

いろいろと設定に無理がある!

 

原作は文豪アレクサンドル・デュマの「巌窟王」(邦題)。現代風のアレンジが施され今ここに蘇った!!!

www.youtube.com

 

いや~、キツイ!

無理があるね!

 

主人公のディーン・フジオカがぶち込まれていた牢獄は、あれはどの辺に存在している島なんでしょうか。

日本に割と近いんかね?

 

ラデル共和国だっけ?

どこにあんねん!

 

 

地獄からよみがえったディーン・フジオカ

その復讐心に燃える瞳には何が映っているのか…!?

f:id:gattolibero:20180427181901j:plain

ストーリー | モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― オフィシャルサイト - フジテレビ

 

 

脱獄したのはイイけれど、どうやって日本まで帰ってきたんだ!?

おそらく、イカダ的なね、チャチな木造船?っていうのかな、そういう船で人知れず、生まれ故郷の漁港に凱旋したわけですよね?

いわゆる脱北者が乗るような小さな船。

 

まぁいいわ。

そこは許しましょう。

 

ってかね、本当は、そこの冒険も楽しみにしてたんだけどね。

15年くらいですか、牢獄の中で過ごした地獄の日々とかもさ、どういう描写になるのかなと期待してたんだけどさ、あっさりサクッと終わっちゃってさ。

第二話では早々に日本に帰ってきちゃってるしな~。

 

全然、苦しみとか、絶望とか、深掘りしないんだね~。

 

サクッと

復讐の鬼と化す!!

 

ゆとりかよ。

ゆとり世代か。

ディーン、ゆとりか。

 

まぁいいわ。

100歩譲って、良しとしましょう。

 

復讐の鬼と化したディーン、

シンガポールにあるスイス銀行?に向かうわけね。

獄中で苦楽を共にした大富豪(大統領)の遺産を相続するために。

何か知らんけど、近所の港から、シンガポール行きの船に密航して。

 

はい~、到着~。

シンガポール到着~。

っていうか、

大富豪御用達の銀行に到着~~~。

 

おいっ!

 

シンプルにホームレス・スタイルのまま、銀行内部に潜入するんじゃないよ!

 

ってかね、

脱獄ホヤホヤのモンテ様に、

パステルイエローのパーカーを着せるんじゃないよ!

 

f:id:gattolibero:20180427184147j:plain

ディーン・フジオカの変貌ぶりが話題!“ボロボロヒゲ面”一転“伯爵”に「モンテ・クリスト伯―」(画像3/4) | テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン

 

ダメだって!悲壮感とか無くなっちゃうから!

パステルはダメ!

 

チノパンにパーカーとか、あと、白いスニーカー履いてたけどさ、ダメだって!

仙人のコスプレしてる大学生じゃないんだから。

 

15年の月日を一切感じさせない爽やかさは何だ!?

 

 

いや、なんだかんだ言っても、この役はディーン・フジオカ以外に適役はいないんだけどさ。

まず、設定として、日本人的でもあり、なおかつ、外国人の役も可能な外見。

数か国語を操れる知性。

 

この時点で、ハーフ系の男優さんじゃないとダメなんよね。

男優さんって書くとアレなんで、俳優さんか。

 

漁師の日本人「柴門 暖(さいもん だん)」が、無実の罪で牢獄にぶち込まれ、15年後に謎の大富豪「モンテ・クリスト伯」となって復讐のために舞い戻ってくる…!

というお話なんでね。

 

「あ、どうも。モンテ・クリスト伯です~」

って言ってるけど、顔面がモロに日本人じゃん!みたいなのはダメなワケです。

 

でさ、相方の大福さんから「ディーン・フジオカ以外に、この役できる人いるかな?」って聞かれたから考えましたよ。

 

・・・・・・・・・

 

川平慈英

f:id:gattolibero:20180427185748j:plain

【画像】楽天カードマン・川平慈英、「どんどん増殖させる」とメンバー強化を宣言 1/10 - ライブドアニュース

 

うん、川平慈英の方が「復讐の鬼」とか向ているね。

ディーンはなんていうかな、育ちの良さが出過ぎてるかもしんない。

 

でも、主演・川平慈英!っていっても視聴率取れないってことなんですかね~。

難しいですね~。

 

とはいえ、ディーン主演で視聴率どうだったかって言うと「大爆死」って書かれてますけどね…。

初回視聴率が5.1%

『モンテ・クリスト伯』打ち切りか? ディーン・フジオカ“大爆死”で『セシル』『HEAT』超えの危機 - 日刊サイゾー

4月期ドラマでの初回ワーストとなったディーンだが、「5.1%」という結果に、フジ局内では激震が走ったという。

「昨年の真木よう子の主演ドラマ『セシルのもくろみ』(同)と同じ数字だったことで大慌てとなったようです。同ドラマは2話で4.5%、第5話にして3%台に突入し、全10話の予定が9話で打ち切りとなった。

 

参考過去記事。

その節はホント、災難でしたね、真木よう子さん…。

gattolibero.hatenablog.com

 

 

とにかくね、いろいろとツッコみどころは満載なのよ。ツッコミごっこして遊ぶのが正解って気がしますね。

ちなみにね、ディーン・フジオカモンテ・クリスト伯として相続した資産は日本円にして約5兆円だそうです(笑)

5兆円(笑)

 

あのねぇ…第三話の見どころ、ご紹介しましょう。

予告でチラッと見ただけなんだけどさ。

 

5兆円持ってるモンテさんの住んでるお屋敷?がさ、結局ね、ミニチュアみたいなんだよね…。

間取りとか、超狭いの。

でも、大富豪感を出さなくちゃアレなんでね、家具とか調度品とか、めっちゃやかましい感じなんよね。

 

お屋敷っていうかね、実際はおそらくスタジオのセットだからさ、どうしてもね、ウサギ小屋に住んでるジャップが無理して金持ちぶっても成金テイストが醸し出されるだけですよ、みたいな感じになってんだなぁ…。

 

ここなぁ~…。

 

ガチの城とか借りて撮影すれば、ホンモノ感が出たと思うんだけどな~。

予算の都合かな~。

いろいろ大変だな~。

 

とにかく!

今期のドラマはなかなか厳しい!

期待していた「コンフィデンスマンJP」もかなりしょっぱい!

「おっさんずラブ」がんばれ!

 

でも見るよ!

 

なんてったって、オイラはテレビっ子だからね!