強豪ベルギー相手にラストプレーで失点。2-3で敗れW杯ベスト8進出ならず!サッカー日本代表

いや~、いい試合でした!素晴らしい試合でした!

世界ランク3位の強豪・優勝候補ベルギー相手に大善戦!!!

まさかの後半ロスタイム、ラストプレーでの失点という結末でしたが…世界を驚かせるには十分な戦いっぷりでしたね。

 

ベルギーのサッカー記者が試合前に言ってました。「正直、ベルギーが日本に負けるのは想像ができない」

おそらくね、世界中のサッカーファンの多くは、そう思っていたと思います。

「ベルギーが日本に負けるなんて、ちょっと想像できない。考えられない。」

そういうふうに思っていたと思います。

 

どう転んでもベルギーが勝つだろうと。

 

だからビックリしたんじゃないかと思います。

まさか一度は2-0で日本がリードするとはね…。

 

原口なんかは、自分でもビックリしたような顔してましたよね。

「えっ!?シュート入った!?」

みたいな。

 

乾も爆笑してましたし。

「超~ウケるwww」

って感じでしょうかね。

 

まぁ、サッカーってのは「2-0で勝ってる時が一番危ない」なんていう格言なんかもありますからね、このまま終わるわけがないとは思いましたけど。

 

まさかねぇ、サクサクっと3点取られて終わるとは。

 

さすがに、3点取られて勝てる試合なんて滅多にありませんからね、こりゃ負けるべくして負けたんですけども。

それにしても「まさかのジャイアントキリング達成か?」って、夢を見させてもらえる試合でした。

ワクワク&ドキドキする試合でした。

 

世界中のサッカーファンにも楽しんでもらえたのではないでしょうか。

 

 

個人的には、まだ試合の余韻が残っていますし、気持ち的にもちょっと整理できてない部分もあります。

こんなね、ブログ書いてる場合じゃねぇなって気もするんですけど。

でもね~~・・・・・・。

 

興奮して眠れないよね。

この状態から、どうやって寝たらいいんでしょうか。

 

まぁとにかく。

今大会の一番の収穫はですね、

日本人監督でも十分、世界と互角に戦える。

ってことだと思いますね。

 

今までは、わざわざ海外から監督を招聘するケースが続いていましたけど、なにもね、無理に外国人監督にこだわる必要は無いんじゃないか?ってつくづく思いましたね。

 

何度も言うようですけど、ハリルホジッチ監督のやり方は日本人には合わなかったし、彼はそもそもアギーレの代役ですからね。

そしてアギーレ自体も、ほぼ代役みたいなもんですから。

 

4年前、日本サッカー協会は名将と言われる世界的な外国人監督に水面下でオファーを出していたらしいですけど、全部、断わられて。

しかたなく妥協して「じゃ、アギーレでいいか」ってことになったのに、そのアギーレも八百長疑惑で去り、代表監督の椅子が空席になってしまった。

誰も引き受けてくれる監督がいない。「しょうがない、じゃハリルにするか」ってことですからね。

もうね、そもそも、初っ端から無理があったんですよ。

ハリルホジッチ監督は、第4希望とか第5希望とか、あるいは第6希望以下だったのかもしれません。

ようするにハリル就任の時点で、最初から妥協に次ぐ妥協。

まず外国人であること、という縛りでもあったんでしょうかね。

 

日本人監督よりも外国人監督の方が優れている、という先入観から、そういう人事になってるのかどうか知りませんけど、まぁとにかくです。

日本人監督でもW杯でやれるんだ、いや、むしろ日本人監督の方が、日本には合っているんじゃないか?

そういう考え方も無きにしも非ずだな、って考えさせてくれる大会でした。

 

 

試合内容に関しては、また次の機会に書くことにします。まずはクールダウン。落ち着きたいと思います。

とにかく、面白い試合でした!

 

火中の栗を拾ってくれた西野監督に感謝!

ついでにアギーレとハリルにも感謝しておくか!

 

そして感動をありがとう!

日本代表の選手みんなに感謝!

ナイスゲームでした!