貧乏人が強引に編み出した「節約術的裏技」ってめちゃ面白くて大好き。

とんでもない貧乏人が必死に工夫して独自に編み出したオリジナルの節約術とか裏技とかって、めっちゃ面白くて大好きなんだよなぁ~。

昔「銭形金太郎」って番組やってたけど、登場する貧乏な素人さんはユニークな人多かったですよね。

 

貧乏エピソードとか見ると、昔を思い出しますね…って、今でも貧乏なんだけどさwww

私も貧乏歴長いですからね、いうなればプロの貧乏。

職業:BINBO。

 

過去にはいろいろな裏技を編み出し、実践してきました。

 

夏の暑い時には、室内に子供用のビニールプールを設置して水浴びしたり、

冬の寒い時には、室内にキャンプ用のテントを設営し、居住空間を狭くして保温効果を高めたり。

 

若い頃に貧乏をこじらせすぎたんでしょうね。

いまだに本を買うとか抵抗ありまくりですよ。

図書館で読めるのに何故買う?

って思っちゃう。

 

公共交通機関も当然、使いません。

チャリです。

チャリ、一択。

自転車さえあれば全然問題ないです。

 

コンビニも行きませんしね~。

買い物は「激安スーパー」とか「リサイクルショップ」とかね。

まぁ、食料は買いますけど、食べられないものは基本的に買いません。

 

服なんて、何年も買ってないです。

親戚が服を買い替えるたびにお古をくれるので、むしろ余って困っています。

(もったいなくて捨てられない…)

 

なんというか、これはもはや

「いかにカネを使わずにしのぎきるか?を楽しむゲーム」

みたいな感じになっています。

 

よっしゃ!また裏技発明した!

みたいな。

 

 

そこに意味など、あろうがなかろうがどうでもいいのである。大切なのは、自分がワクワクするかどうか。やりたいかどうか。楽しいかどうか。

バカバカしいことほど、ワクワクする。面白い。楽しい。

そういうことですよね。

 

1円を節約するために(10円分)頑張る。

このバカバカしさが痛快なワケですよ。

 

意味なんて無くていいんです。

 

いや、

 

・・・・・・・・・

 

無い方がいい!

(勢いでごまかす)

 

 

 

貧乏人はとりあえず、審査不要の「LINE Pay カード」を作って、友だち追加やアプリのダウンロード、もろもろのキャンペーンなどでガムシャラにポイントを貯めまくりましょう。

jiyumemo.hatenablog.com